学校より進んだ勉強

まず初めに、塾が学校に比べて勉強が特化していると言う点です。学校では、文部科学省の指定により、“教科書で教えていい範囲と期間”が定められています。その指定がある限り教員は、基本的には勝手に教科書の先のページを教えてはいけず、あくまで教えて良い範囲のみを、計画的に指導を行うようになっています。その為、どんな時間が余ってしまっても先に進むことが出来ず、小テストなどを挟んで、じっくりと時間をかけて勉強をしないといけないのです。

ですが、塾には基本的にこのような定めが一切ありません。教えたいところまで教えれば良いですし、生徒も知りたいところまでどんどん勉強していく事が出来るのです。その為、塾の方が指導内容が先を行き、学校側が一学期の内容を終える頃には、二学期の内容の中間に差し掛かっていると言うことも珍しくなく、学校では復習の時間になっていると言うお子さんが少なくありません。

もちろん、中には勉強についていけていないと言うお子さんもいますが、塾があることで、勉強をもっとしたいと言うお子さんの応援にもなり、より成績アップ、学力アップを図ることが出来ると点が、塾が必要な理由のまずは一つめだと言えるでしょう。