受験に特化した指導法

塾が必要な理由の二つ目は、受験に特化している指導内容という点です。一つ目の理由の際に、塾の方が学校に比べて指導内容が先に行っていることが多く、塾ではその分、多くの時間があまり、受験対策に時間を費やすことが出来るようになります。塾によっても異なりますが、このようにして受験対策をしている場所が多いようです。

まず、学校サイドが三学期の初めに差し掛かるころには、塾では一年間の勉強が全て終わっていることが多く、その一学期分を、全て総復習や、苦手克服、応用問題などの時間に充てることが出来るのです。これが受験シーズンであれば、この時間を、志望校対策のための時間に充てることも出来るでしょう。学校でも同じことを勉強することが出来るため、学校では塾で習った総復習をしつつ、塾では、苦手範囲克服のための勉強、応用問題、受験シーズンであれば更に、過去問を行う時間にあてたり、志望校の出題傾向などを授業で聞くことが出来る塾もあるでしょう。

このように、学校と塾の上手く両立して利用することで、より勉強の理解を深め、より深く受験対策をすることが出来ると言う点が、学校だけではなく塾も必要になると言う大きな理由だと言えるでしょう。